e-お菓子ねっと

メールでのお問い合わせ e-お菓子ねっと及び
菓子業界についての
お問い合わせはこちら

物流EDI TOPへ メリット / 業務の標準 / メッセージの標準 / パンフレット / 支援の窓口
TOP資料室物流EDI > 導入メリット
物流EDI導入メリット
菓子業界の物流の効率化を支援します!!

物流EDIシステム開発費の削減
入庫および出庫検品作業の軽減
物流費用の削減
物流業務の合理化による環境負荷の軽減


導入メリット実現のために
菓子物流EDIの導入メリットを実現するために、菓子物流EDIでは、菓子物流EDI「業務標準」と菓子物流EDI「メッセージ標準」の2つを定義することで、従来各社各様の仕様に方向性を与えており、各標準は2つのモデル「共同配送」と「一括集荷」を前提に策定しております。


実地検証による評価
業務モデルによる効果
  • 卸売業では、納品車両数の削減により、入庫義務の合理化が図れる。
  • メーカでは、受領通知を利用した日次照合により、物流の支払業務の合理化が図れる。
システム化による効果
  • メッセージの標準化は、システム普及において効果がある。
  • 伝票データのターンアラウンド化は、管理面でも合理化となる。
  • 卸売業では、入庫予定データを検品前に受け取ることにより検品作業の合理化が図れる。
    (e−お菓子ねっとの現行機能)
  • メーカでは、受領通知データ、出荷報告データ、運送報告データにより納品差異や物流費の照合作業をデータを利用して可能になり合理化が図れる。
  • メーカでは、物流費の請求/支払データにより月次作業の合理化が図れる。
拡張性(期待)
  • 納品車両数の削減による物流費用の削減効果が期待できる。
  • 納品差異の原因分析、対策検討に利用が可能となる。
     
ページ先頭へ
 
Copyright (C) 2008 e-okashi net. All Rights Reserved.